【週休3日制導入会社インタビュー】みんなが楽しめるようなゲームを作りたい/サクシード株式会社

LINEで送る
Pocket

◆自分が集中できる職場。

前山さんと久綱さん

ー今回は週休3日制を導入しているサクシードさんをお伺いしました。

「週休3日制」を利用しておられる社員さんにお話をお聞きします。

ー自己紹介からお願いします。

ゲーム制作会社 サクシード株式会社で今年で3年目になるM.Yと申します。
ゲーム制作全般のプロデューサーをしています。
前職はゲーム会社で制作管理をしていました。
幼少時よりゲームが好きなので、休日は大好きなサッカーゲームをして過ごしています。

 

ーチームをまとめる上で苦労なされているところなどありますか??

今年リリースしたゲーム制作で予算配分などでハードな局面があったのですが、自由で裁量権を与えてくれる社風の元、切り抜けました。
動画サイトでのプロモーションなども会議での議論を重ねました。

 

ー週休3日制度を利用しての労働環境はいかがですか??

クリエイティブな発想にはスタッフの労働環境を整備することは大事だと感じています。
ゲームデザイナーさんや声優さんの労働環境など、まだまだ改善する余地はあると感じていますので、
当社の週休3日制度をより多くの皆さんに活用してもらいたいと考えています。

 

ー今後はどのようなチーム作りをしていきたいですか??

ものづくりの楽しさをより多くの人に共有してもらい、良質なゲームをたくさんリリース出来るようなチーム作り、社風作りをしていきたいです。
サクシードは楽しく自由な社風でみなさんをお待ちしてます。

 

ー「週休3日どっとねっと」も楽しいゲームのリリースを応援しています。がんばってください。本日はありがとうございました。

 

世界中全ての人が熱狂できるゲームを作る


 

サクシード株式会社の良い点を教えて下さい。

自由な社風、クリエイティブに働け、挑戦できるところです。
IMG_1194

Screenshote

Screenshotw

サクシード株式会社への応募は下記求人から宜しくお願い致します。