サラリーマンから会社設立、 社会保険等お金の面で比較してみた(メリット、デメリット)【どっとねっとコラム】

LINEで送る
Pocket

本日は

会社員から独立した場合、どのくらい稼げば生活レベルを保てるのか?

そして、

独立する場合は個人事業主か、それとも法人(合同会社、株式会社など)どちらがよいか?

そんなご質問に答えていきたいと思います。

  1. 会社員と個人事業主(フリーランス等)のお金の比較
  2. 個人事業主と法人のお金の比較
  3. まとめ

1.会社員と個人事業主(フリーランス等)のお金の比較

まず上の図の会社員と個人事業主の比較表を見てください。

・会社員で会社から年収1000万円

・個人事業主で売上が1000万円 の場合になります。

手取りはそれぞれ

・会社員が700万程度

・個人事業主が600万程度 となり、個人事業主が100万ほど少なくなっています。

これは会社の場合(会社員のメリット)

・経費を全額負担してくれる

・社会保険(厚生年金、雇用保険、健康保険、介護保険)を半分負担してくれる

個人事業主の場合(個人事業主のデメリット)

・所得税が増える

・個人事業税がある

これらが影響して、会社員の年収は、個人事業主の売上で考えると少なくとも1.3倍以上

つまりこの場合

個人事業主であれば、売上が1300万以上で同水準になります。

2.個人事業主と法人のお金の比較

次に上の図の個人事業主と合同・株式会社の比較表を見てください。

(合同・株式会社ともに代表一人で始めた場合)

・個人事業主で売上が1000万円

・合同・株式会社で売上が1000万円 の場合になります。

手取りはそれぞれ

・個人事業主が600万程度

・合同・株式会社の代表が500万程度 となり、代表が100万ほど少なくなっています。

しかしここから

手取りから家賃などの大きな出費(この場合月20万)を考慮すると残りは

・個人事業主が370万程度

・合同・株式会社の代表が380万程度 となり、逆転現状がおこります。

これは法人の場合(メリット)

・家賃を経費にすることができる(この場合20万の50%を経費にした)

家賃の50%を経費にしましたが、90%まで活用されている方もいらっしゃるので、

その場合個人事業主との差はさらに増えることになります。

さらに法人の場合(メリット)

・社会保険を半分会社持ちにできるため、経費にできる上、将来もらえるお金も増える

個人事業主の場合、厚生年金→国民年金へ変わりますので、支払いが軽くなるのでメリットに見えますが、

貰える金額がそれ以上に少なくなるためメリットとは言えない。

3.まとめ

Q:会社員から独立した場合、どのくらい稼げば生活レベルを保てるのか?

会社員と個人事業主のお金の面での比較は、会社員は収入以外に、会社が経費全額、

社会保険の半分を負担してくれているため、個人事業主になった場合、

会社員時の収入の1.3倍以上稼ぐと同水準になる。

Q:独立する場合は個人事業主か、それとも法人(合同会社、株式会社など)どちらがよいか?

個人事業主と法人では、法人の代表が手取りが個人事業主より少なくなることもあるかと思いますが、

経費たとえば大きな家賃を経費にすることで、使えるお金(表の残り部分)が個人事業主より増えます。

売上が1000万以上あれば経費もそれなりに必要になってきますので、どうせ使うお金ならば経費し節税を行い、自由になるお金を増やしましょう。

以上になります。

質問、お問い合わせはjob@syukyu.netヘご連絡ください。

サラリーマンから会社設立、 社会保険等お金の面で比較してみた(メリット、デメリット)【どっとねっとコラム】 への1件のコメント

  1. ピンバック : 40代の皆様、会社にしがみつくor退職、フリー、起業を選択するのはどっち? | 週休3日どっとねっと

現在コメントは受け付けておりません