【週休3日どっとねっとニュース】今回はYahoo! JAPAN 伊藤 羊一氏や元Google人材開発担当 ピョートル・フェリークス・グジバチ氏も登壇 「【WITI Leaders Panel vol.1】 自分も会社も変わる!ひとりひとりの働き方改革 ~変化のチャンスとブレイクス」を取材してきました。

LINEで送る
Pocket

今回はテクノロジー業界に関わる女性を応援する「Women In Technology International(WITI)」さん主催の働き方カンファレンスを取材してきました。

※詳細はWITI様FACEBOOKから御願い致します。

Yahoo! JAPAN 伊藤 羊一さんの登壇ではYahoo! JAPANの週休3日制度導入の狙いや社内の働き方改革の進展、インターネット普及により数年で働き方の環境がガラッと変わる中で自分の働き方の実現の大切さなどを語られていました。伊藤さんのサプライズバースデーパーティーもありました。おめでとうございます。ちなみにヤフー株式会社様、本日4月1日より育児や介護や看護を行う従業員の方対象に週休3日選択可能な「えらべる勤務制度」をスタートしました。ヤフー株式会社様プレスリリース

 

元Google人材開発担当 プロノイアグループ株式会社 代表取締役 ピョートル・フェリークス・グジバチさんの登壇ではモルガン・スタンレー、Googleにおいて組織変化意識改革に携わった経験、今後は自分の軸を整えて、自分の強みで、自分の情熱を使って仕事を生み出すことの大切さなどを語られていました。ちなみに2冊の書籍も出版されています。組織における人材育成、個人としてキャリアの積み方等参考になりました。 ピョートルさんの書籍はこちらから

 

 

WITI Japan Region代表で株式会社グラッドキューブ 取締役COO兼PR広報 財部 友希さんの登壇ではアウトプット、マルチタスク、クリエイティヴの仕事での重要性や習慣化の威力を語られていました。WITIの理念「理工系の仕事に就く女性の活躍を後押しする輪を広げていきたい」応援しています。株式会社グラッドキューブ様HP

 

 

ソフトバンク株式会社 採用・人材開発統括部 日下部奈々さんもファシリテーターとして中身の濃いトークセッションを作り上げておられました。

 

様々な組織で働き方改革に取り組んでいるリーダーの方々の個人目線での「ひとりひとりの働き方改革」についてのディスカッションでした。幾通りもの働き方が選べる現代。個人は時代の変化やそれに伴って求められる能力にしっかりと対応して楽しく働き続ける。それが心豊かかつ幸せに生きてくことに繋がるのではとのまとめでした。現状の働き方に問題意識を感じている方、「新しい働き方」でのマネジメントに課題を感じている方にも役立ったカンファレンスでした。皆さまのワーク・ライフ・バランスへの熱心な取り組みが印象に残りました。引き続きワーク・ライフ・バランスへの取り組みを応援させて頂きます。関係者の皆さま、会場提供のランサーズ株式会社様、ありがとうございました。ランサーズ株式会社様

週休3日どっとねっと 代表 小出恭敬