【週休3日どっとねっとニュース】今回は社員の健康を大切にする会社(健康経営銘柄2017)の授賞式を取材してきました。

LINEで送る
Pocket

「健康経営」とは、従業員等の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践することです。経済産業省は、東京証券取引所と共同で、従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる企業を「健康経営銘柄」として選定と公表しています。当日の模様をお伝えします。

※「健康経営」は、NPO法人健康経営研究会の登録商標です。

参照元 東京証券取引所ニュースリリース  経済産業省ニュースリリース

プレゼンターにはオリンピックメダリストの小谷実可子さんなど。

週休3日どっとねっとニュースでもプレミアムフライデー導入について掲載させて頂きました大和ハウスさんも受賞。「攻めの健康管理」が要因とのことでした。

「味の素流働き方改革」推進中の味の素さんも受賞。「セルフ・ケア」の概念の普及を大切にされています。

デンソーさんは「健康協議会」や39歳到達時の定期健診には「1日健康教育」を実施しているんですね。

伊藤忠商事さんは『伊藤忠健康憲章』を核に、「働き方改革」「健康増進策」に取り組んでいるとのことでした。アプリ・ウェアラブル端末を活用して健康意識醸成も実施とのこと。斬新ですね。

週休3日どっとねっとニュースでも東京都スポーツ推進企業認定のニュースについて掲載させて頂きました東急電鉄さんも受賞。「健康宣言」の制定や「CHO(最高健康責任者)」が設置されているんです。

日本航空広報様には働き方改革のプレ取材でお世話になりました。健康経営方針 「JAL Wellness」があり、全国に130人以上のウェルネスリーダーの方々が頑張っているんです。

 

大和証券グループ本社さんは「健康経営推進会議」を四半期ごとに開催。 社員全員の健康意識向上に向けて「KA・RA・DAいきいきプロジェクト~ Healthy Lifestyle~」なども導入されています。ウォーキング参加でポイントがもらえるのってすごいですね。

選定企業24社の代表者による記念撮影。

以前、経済産業省 商務情報政策局ヘルスケア産業課にて健康経営銘柄取り組みへの様子をご丁寧に説明頂きました。東京証券取引所など関係各所と連携して熱心に取り組んでおられるのが印象に残りました。従業員の皆さまの健康管理を大切にする企業経営が結果的に業績向上に繋がっている数値結果などもお見せ頂きました。会社経営に於ける健康増進の推進は、従業員の活力や生産性の向上等の組織の活性化をもたらしますね。「週休3日」も健康増進の一つの施策と考えています。今回の取材でもたくさんのことを学ばせて頂きました。経済産業省様、東京証券取引所様、取材対象企業の皆様、関係者様、ありがとうございました。今後も「健康経営銘柄」に注目させて頂きます。

週休3日どっとねっと 代表 小出恭敬