東京オリンピック「夢ビジョン」では週休3日制が提案

LINEで送る
Pocket

夢ビジョン2020(文部科学省版)について

平成25年9月に下村文部科学大臣が東京オリンピック・パラリンピック担当大臣に任命された際、下村大臣より「2020年を単に五輪開催の年とするのではなく、新たな成長に向かうターゲットイヤーとして位置づけ、東京だけでなく日本社会を元気にするための取組を『夢ビジョン』として打ち出し、社会総掛かりで実現していく」ことが表明されました。
これを受け、文部科学省では、他府省庁に先駆け、省内の中堅・若手職員が中心となって、省内アイディア公募のほか、若手のアスリートやアーティスト、研究者らとの対話を実施しながら夢ビジョン取りまとめに向けた検討を進めてまいりました。
このたび、検討の結果を「夢ビジョン2020(文部科学省版)」として取りまとめましたのでお知らせいたします。

ライフスタイルの変革
-週休3日制導入、生活をイノベーション

ライフスタイルの変革
-世界に先駆けて週休3日制を導入し、生活をイノベーション。




コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。